Abworks

鈑金工場です。

【修理方法のご選択】
弊社では、自動車保険を使った修理のお客様から自費での修理で「なるべく安く直したい」と希望するお客様まで、広く対応できるように様々な修理方法をご提案させて頂いております。

新品部品を使用した修理を基準として、その他にリサイクル部品を使用したり、通常では交換となってしまう物を修理可能な場合は出来るだけ使うようにするなど、お車の修理にいくつかのプランをご提案してその作業方法の違いやメリット、デメリット等をお客様に詳しくご説明致します。

疑問に思う事は遠慮無く何でもお聞き下さい。判りやすく丁寧にご説明致します。

板金料金表はコチラをご参照下さい

【丁寧・確実な作業】
作業は職人さんの手により迅速丁寧に行われます。「板金作業」はいわゆる下地作業ですが、基礎となる部分だけに大変重要です。ですが塗装で覆われてしまうためにきちんと直されているかどうかの判断は、完成時の見た目では判りません。

当たり前の事ですが、弊社では「丁寧、確実」をいつも心掛け「手抜きは職人の恥」として下地作業やバンパー裏側などの見えない部分にも気を配って作業しています。そして、その上に乗る「塗装」はお客様に最終的に目に映る物ですので非常に気を使います。

板金作業と同様に、下地作業から塗装の仕上げまで職人の腕と道具、設備のコンビネーションでご満足頂ける仕上がりをご提供致します。口で言ったり、HP上で理想論を書くのは簡単ですが、実行するのはなかなか難しい事です。

より実践的なところで現場でどのように板金塗装の修理をしているか、作業を見学されるのも良いかと思います。板金塗装に対してお客様にご理解頂くためにも私共もお勧め致します。

【安心のフォローアップ】
完成時のお引渡しでは、ご希望通りにお車が出来上がっているかお客様立会いの元でご確認頂いております。万が一仕上がりにご不満がある場合はすぐに対応させて頂いております。

また、弊社の作業に問題があった場合は当然無償で再作業致しますので、安心のフォローをお約束致します。もちろんクレームゼロを目指して日々努力しております。

【その他のこだわり】
「見た感じ綺麗に直っていればいい…」これも修理する際にお客様からのご要望としてプランの1つになるかと思いますが、できればこのような修理の仕方は板金塗装業者としてあえて否定したいと考えます。もちろんお客様の希望主体で修理を致しますが、お金を払って直して頂く以上本当にご満足頂ける物を作りたいと考えます。

ボルト1本からショートパーツ等、気付かないような部分や外側からは見えない裏側の部分まで、気を配って作業しています。

ともすれば自己満足な作業になりかねませんが、「直す側」としてお客様に堂々とお見せ出来る修理内容を目指しています。弊社のこだわりに少しだけお付き合い頂けたら板金塗装屋として嬉しく思います。

 信頼性と経済性を両立させた究極の溶接ツール、サイテック社のSaitek Invertex Z-1を導入。
海外製で、当時日本に数台しかないとされた最先端のスポット溶接機を使用しております。
溶接強度も高く、スポット打痕も減少。高い作業効率を誇り、安定した溶接が可能です。

 

 弊社では、修理に使用する部品は基本的に純正新品部品を使用していますが、よりリーズナブルな対応としてリサイクル部品の使用をお奨めしています。

リサイクル部品とは、廃車などで解体となった同車種、同グレードの車両から外した部品を修理に使うという物です。
「中古部品」というと聞こえは悪いですが、弊社ではリサイクル部品専門の業者様から部品をお取り寄せ致しますので、部品の信頼性や程度は非常に良い物となっています。

仕上がりにおいても新品部品使用時と見分けが付かないぐらい綺麗なものになります。
しかし使用にあたりメリット、デメリットはございますので事前に詳しくご説明しています。
環境的配慮からしてもリサイクル部品の使用は大きく注目されています

弊社の塗料は日本ペイント のnaxアドミラを使用しております
一液特有の速乾性と二液並みの高品質塗膜を合わせ持っているのが特徴です。
調色から 塗装、乾燥に至るまで作業時間が短縮できるため、時間とコストの短縮につながります